日本初の株式会社による専門職大学院 デジタルハリウッド大学大学院(http://gs.dhw.ac.jp/)では、クリエイティブとICTの力で革新的な金融サービスを創る実験場として「サイバーファイナンスラボ・プロジェクト」を設置しています。

本プロジェクトでは、革新的な金融サービスの創出を志すビジネスパーソン、起業家、エンジニア、クリエイター、研究者/学生からなる開発チームに対し、約3か月間のインキュベーション・プログラムを提供し、プロトタイプの制作を支援致します。

実務への実装が可能なプロトタイプの制作を支援するために、ラボでは以下のサービスを提供いたします。
 1.実務家・研究者による金融実務・理論の教育とメンタリング
 2.金融サービス開発に活用可能な、専門的なデータやAPI等の提供
 3.投資・協業のパートナー候補とのマッチング

【サイバーファイナンスラボ・プロジェクトとは】
ファイナンスに関わる革新的なサービスを創り出す意思とスキルを持つ方々に対して、プロトタイプ制作を支援する「インキュベーター」です。
インキュベーション・プログラムに参加する、新しい事業やサービスの創出を目指す起業家、クリエイターやエンジニアからなるチームに対して、充実した実務家・研究者メンター陣による金融理論や実務に関するトレーニング機会や専門的なツールを提供し、プロトタイプ制作を支援します。
また、金融機関やファイナンスに関連する事業会社と、インキュベーション参加チームとのマッチングや合同ワークショップ、ピッチイベント等を通して、企業に対してはオープンイノベーションの実現を、参加チームに対しては事業化を、サポート致します。
実務家メンター陣に加え、デジタルハリウッドの強みである、クリエイティブ分野のメンタリングも特長です。

1 Follower
Comments